実写版「美女と野獣」

実写版「美女と野獣」の情報が続々と公開されていますが、主人公のベルを演じるエマ・ワトソンの相手・野獣役に、テレビドラマ「ダウントン・アビー」シリーズのダン・スティーブンズが交渉中だそうです。また、ベルをめぐって野獣と争う悪役ガストンには「ホビット」シリーズで弓の名手バルト役を務めてきたルーク・エヴァンスが打診されているそうです。
1991年に公開されたアニメ版「美女と野獣」は世界で大ヒットを記録し、第64回アカデミー賞ではアニメーション作品で作品賞にノミネートされるという数少ない例のひとつになっています。そんな人気のアニメーションの実写版は、「ドリームガールズ」などのビル・コンドン監督がメガホンを取り、小説「ウォールフラワー」の作者であるスティーブン・チョボスキーが脚本を手がけます。これまで野獣役には「きみに読む物語」などのライアン・ゴスリングや第87回アカデミー賞で主演男優賞に輝いたエディ・レッドメインの名が挙がっていましたが、最終的にダン・スティーブンズに白羽の矢が立ったようです。
ディズニーは現在日本公開を4月25日に控えたリリー・ジェームズ主演の「シンデレラ」をはじめ、「ジャングル・ブック」、「ピートとドラゴン」など今まで手掛けてきたアニメ作品の実写化を多く計画しています。実写版「美女と野獣」の製作は今年中に開始されるとのこと。近ごろは女性に人気なディズニープリンセスが主人公の作品が実写化され、大人のディズニーファンに向けた商品の展開も多いですね。ベルもシンデレラも幅広い年齢層の女性ファンが多いので、期待もかなり大きいのではないでしょうか。公開が待ち遠しいですね。