ディズニーハロウィン、ヴィランズが怖すぎ?

秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」を開催中の東京ディズニーシーでは、ディズニーアニメーションに登場する悪役=ディズニーヴィランズが主役のハーバーショー「ザ・ヴィランズ・ワールド」が公演中です。
メディテレーニアンハーバーで開催するハロウィーン・パーティー「ザ・ヴィランズ・ワールド」はディズニーヴィランズが主役のヴィランズ流のハロウィン。ヴィランズが乗ったバージが5隻現れ、それぞれのヴィランズが自分たちの魅力をアピールするパフォーマンスでゲストをもてなします。特別ゲストとしてヴィランズに招待されたディズニーの仲間たちも、それぞれのヴィランズをイメージしたコスチュームを着ています。
登場するディズニーヴィランズは9人で、「眠れる森の美女」からマレフィセント、「ピーター・パン」からはキャプテン・フック、ミスター・スミー、「白雪姫」からはウィックド・クイーン、「ヘラクレス」からはハデス、ペイン、パニック、「アラジン」からはジャファー、「リトル・マーメイド」からはアースラと代表的な顔ぶれがズラリ。大人気のヴィランズが主役ということで高い注目度を集めていて、シルバーウィーク中にはパーク自体に入場制限がかかった日もでるほど。
今年からシーでも全身仮装での入場が実施されたこともあってかなりの盛り上がりを見せています。ヴィランズ一色のクールで怪しいハロウィーンも楽しそうですね。